米テスラの上海DC完成、サイバーセキュリティ法の国内保存に対応へ

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは2021年10月25日までに、上海市浦東新区臨港新片区に建設中のデータセンター(DC)が完成したと発表した。このDCでは中国国内で生じた生産関連データを保存するといい、近く正式に運用を始める。

同社は、「上海市DC建設ガイドライン2021版」に照らしてDCの建設を進め、必要な商人手続きや届出登録をすでに済ませたとしている。また2021年5月には、公式微博(Weibo)を通じて、今後もさらに中国国内にDCを増やしていく計画を明らかにしている。

テスラの上海DC(IDC圏より)

膨大なデータを扱うスマートカー

スマートカーの自動運転機能は、車両や路面、環境に関するデータを収集し、計算を行い、そのデータを保存している。ある調査によれば、2020年時点で、スマートカー1台につき毎日平均4テラバイトのデータを生成している。これには車両の性能に関するデータ以外に、運転者のデータ、位置データ、周辺データ等といった個人情報や国家の安全に関わる重要なデータも含まれている。

2021年に入り、スマートカーが収集するデータの安全性が議論を巻き起こしている。なかでもテスラは外資系企業であり、データの越境移転の問題もある事から、ユーザーの不安は高まっている。

法規制の面から

2017年6月1日に施行されたサイバーセキュリティ法では、「重要情報インフラの運営者は、中国国内で運用され収集、生成された個人情報と重要データは、中国国内で保管しなければならない」と定めている。

また2021年7月に、工業情報化部が発表したスマートカー産業の管理強化を定める通達(关于加强智能网联汽车生产企业及产品准入管理的意见)では、「中国国内での運用によって収集・生成された個人情報と重要データは、関連法令の定めに従い国内に保存しなければならない。国外にデータを提供する必要がある場合は、データ越境移転セキュリティ評価に合格しなければならない」と規定している。

つまり、自動車メーカーは中国国内にDCを建設し、データの安全に関する法令の遵守が必要となる。さらにDCに関連する各種政策や規定にも対応する必要があるが、北京や上海といった大都市では、DCのPUE(電力使用効率)値、省エネ指標の達成など様々な制限が設けられている。

テスラは法令順守の姿勢をアピール

早くも2020年6月には、テスラ中国の内部情報として、中国のユーザーデータと認証サービスを米国から中国に移管する、つまりサーバーを中国に移すという報道が出ていた。実際に同社の人材採用では、DCの運用管理に関わるITエンジニアを着々と増やしている。

2021年4月には、同社の陶琳副総裁がインタビューの中で、テスラが中国で収集した全てのデータは、今年第2四半期(4-6月)に完成予定となっている上海のテスラ中国DCに保存する計画であることを明言した。

イーロン・マスクCEOも、2021年世界新エネルギー車大会に出席した際のオンライン会見で、「テスラは世界の監督管理機構に協力し、自動車データの安全を確保する」と約束した。さらに、自動運転技術の急速な発展に伴い、車両データの安全への不安が増していることに触れ、「我々は必要な技術措置をとることで、皆様の不安を取り除くことができると考えている」と法令順守の姿勢をアピールしている。

原文:http://news.idcquan.com/news/189739.shtml、翻訳編集クララオンライン

クララオンライン コンサルティング事業部

クララオンライン コンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部