2020年上半期 中国のインターネット利用状況(第 46 回 中国インターネット発展状況統計)

1. インターネット利用者数

2020 年 6 月末時点の中国のインターネット利用者数は 9.40 億人で、2020 年 3 月に比べて 3,625 万人増加した。

インターネット普及率は 67.0%で、2020 年 3 月に比べて 2.5 ポイント上昇した。

またモバイルインターネット利用者数は 9.32 億人で、2020 年 3 月から 3,546 万人 増加した。インターネット利用者全体に占める割合は 99.2%となり、2020 年 3 月の水準を維持した。

逆にインターネットを利用していない人は 4.63 億人で、都市部では住民全体の 43.8%、農村部では同じく 56.2%を占めている。 利用していない理由は、パソコンやインターネットがよくわからないが 48.9%、文 字入力に必要なピンインがわからない等教育レベル上の制限が 18.2%を占めた。

一方、新たにインターネットの利用を始めた理由は、家族と連絡を取るのに便利だ からが 31.8%と最も多く、インターネット設備の提供を受けたが 30.1%、無料の使い方指導を受けたが 30.0%と続いた。

インターネット利用者を居住地別にみると、農村住民の割合は 30.4%で、2020 年 3 月より 3,063 万人増えて 2.85 億人となった。一方、都市部住民の割合は 69.6%で、 2020 年 3 月より 562 万人増えて 6.54 億人となっている。

2020 年上半期は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものの、インターネットインフラ施設の建設規模、インターネットユーザー数、インターネット普及率はいずれも過去最高を記録している。

2. インターネット利用者の特徴

2020 年 3 月時点のインターネット利用者の男女比率は 51.0:49.0 だった。中国の人 口の男女比(51.1:48.9)とほぼ一致している。

インターネット利用者の年齢構成では、20-29歳と30-39歳がそれぞれ全体の19.9%、20.4%を占めている。その他の年齢層では、40-49 歳が18.7%で、50 歳以上の合計は 2020 年 3 月の16.9%から 22.8%へと大きく上昇しており、中高年層でインターネットの利用がいっそう浸透していることがわかる。

教育水準別では、中学程度の利用者が依然として最も多く、中学と高校・高専・技術 専門学校の割合はそれぞれ 40.5%と 21.5%だった。大学専科、大学本科以上の教育水準に該当する利用者の割合はそれぞれ 10.0%と 8.8%だった。

職業別では、学生が依然として最も多い 23.7%を占め、個体戸・自由業者が 17.4%、農林漁業従事者が 15.3%と続いた。月収別では 2,001-5,000 元の層があわせて 32.6%に達した。5,000 元以上は 24.2%を 占め、1,000 元以下の層は 21.0%だった。

3. インターネット接続方法

携帯電話からのインターネット利用者は 99.2%に達した。デスクトップパソコンは 37.3%、ノートパソコンは 31.8%、テレビは 28.6%、タブレットは 27.5%だった。

光回線の契約数は 4.34 億件で、ブロードバンド契約数に占める割合は 2019 年末か ら 0.3 ポイント増えて 93.2%となった。また 1 週間あたりの平均インターネット利用時間は 28.0 時間で、2020 年 3 月に比べて 2.8 時間減少している。

4. 各種インターネットサービスの利用状況

各種インターネットサービスの利用状況は、それぞれ次の通りとなっている。

「第 44 次中国互聯網絡発展状況統計報告」(中国語、全文) http://www.cnnic.cn/hlwfzyj/hlwxzbg/hlwtjbg/202009/P020200929546215182514.pdf

クララオンラインコンサルティング事業部

クララオンラインコンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部。

セミナー

中国ビジネスのご相談はお気軽にお問い合わせください