第 43 回 中国インターネット発展状況統計 (抜粋・参考訳)

インターネット利用者数 2018 年 12 月末時点の中国のインターネット利用者数は 8.29 億人で、前年末に比べ 5,653 万人増加した。インターネット普及率は 59.6%で、前年末に比べて 3.8 ポイント上昇した。

またモバイルインターネット利用者数は 8.17 億人で、前年末から 6,433 万人増加した。インターネット利用者全体に占める割合は、前年末の 97.5%から 98.6%に上昇している。

インターネット利用者を居住地別にみると農村住民の割合は 26.7%で、2.22 億人となった。一方の都市部住民の割合は 73.3%で、前年末より 4,362 万人増えて 6.07 億人となった。

なお農村部と都市部のインターネット普及率は、それぞれ 38.4%と 74.6%で、前年末より 3.0 ポイントと 3.6 ポイント上昇している。

2. インターネット利用者の特徴

2018 年 12 月末時点のインターネット利用者の男女比率は 52.7:47.3 で、2017 年とほぼ同一の水準を維持している。

インターネット利用者の年齢構成では、10-39 歳が全体の 67.8%を占めており、このうち20-29 歳が最も多い26.8%となっている。前年末と比べて、40-49 歳の割合が13.2%から 15.6%へと大きく上昇したほか、50 歳以上の割合も前年末の 10.5%から 12.5%へと 2 ポイント上昇している。

学歴別では、中学程度の利用者が依然として最も多く、中学と高校・高専・技術専門学校の割合はそれぞれ 38.7%と 24.5%だった。大学専科、大学本科以上の教育を受けた利用者はそれぞれ 8.7%と 9.9%となっている。

職業別では、学生が依然として最も多い 25.4%を占め、個体戸・自由業者が20.0%、会社員があわせて12.9%と続いた。

月収別では 2,001-3,000 元と 3,001-5,000 元の層が、それぞれ 15.7%と 21.0%で最も多かった。5,000 元以上の割合は前年末に比べて 3.9 ポイント上昇して 24.1%になった。一方 1,000 元以下の割合は前年末の 20.4%から 15.8%へと大幅に減少した。

3. インターネット接続方法

携帯電話・スマートフォンからのインターネット利用比率は、前年末から 1.1 ポイント上昇して 98.6%に達した。テレビからの利用も前年末から 2.9 ポイント上昇して31.1%に上った。一方でデスクトップパソコンの利用は 48.0%で、前年末から 5 ポイント減少した。

インターネットを利用する場所は自宅が最も多い 81.1%となったが、前年末より 4.5ポイント減少した。なお、利用者 1 人当たりの 1 週間の平均利用時間は 27.6 時間で前年末より 0.6 ポイント増加している。

4. 各種インターネットサービスの利用状況

2018 年も個人向けインターネットサービスは良好な発展を続け、なかでもハイヤー配車は成長率が 40.9%に達した。オンライン教育も急速な成長を遂げており、成長率は29.7%となったほか、デリバリーや理財、タクシー、ショッピングも成長率は 15%前後と好調だった。特にショートビデオは使用率が 78.2%に達しており、2018 年下半期の成長率は 9.1%に上っている。

また 2018 年 11 月時点のインターネットユーザーが利用するスマートフォンアプリの平均個数は、15-19 歳が最も多い 59 個で、続いて 20-29 歳が 45 個、10-14 歳が 44個となっている。20 歳を越えると年齢に伴ってアプリの数は減っていき、60 歳以上では 28 個となっている。

クララオンラインコンサルティング事業部

クララオンラインコンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部