第45回 中国インターネット発展状況統計(抜粋・参考訳)

1. インターネット利用者数

2020 年 3 月末時点の中国のインターネット利用者数は 9.04 億人で、2018 年末に比べ 7,508 万人増加した。インターネット普及率は 64.5%で、2018 年末に比べて 4.9 ポイント上昇した。

またモバイルインターネット利用者数は 8.97 億人で、2018 年末から 7,992 万人増加した。インターネット利用者全体に占める割合は、2018 年末から 0.7 ポイント上昇して 99.3%となった。

インターネット利用者を居住地別にみると農村住民の割合は 28.2%で、2.55 億人となった。一方の都市部住民の割合は 71.8%で、2018 年末より 4,200 万人増えて 6.49億人となった。

なお農村部と都市部のインターネット普及率は、それぞれ 46.2%と 76.5%で、2018年末より 7.8 ポイントと 1.9 ポイント上昇している。

2. インターネット利用者の特徴

2020 年 3 月時点のインターネット利用者の男女比率は 51.9:48.1 で、全人口の男性比率(51.1%、中国統計年鑑 2019)よりも男性利用者の方が多くなっている。

インターネット利用者の年齢構成では、20-29 歳、30-39 歳がそれぞれ 21.5%と 20.8%を占めており、他の年齢層に比べ高くなっている。40-49 歳が 17.6%、50 歳以上も 16.9%と中高年層の利用者も引き続き増加している。

学歴別では、中学程度の利用者が依然として最も多く、中学と高校・高専・技術専門学校の割合はそれぞれ 41.1%と 22.2%だった。大学専科以上の教育を受けた利用者は19.5%となっている。

職業別では、学生が依然として最も多い 26.9%を占めた。次いで個体戸・自由業者が 22.4%、会社員があわせて 10.9%と続いた。

月収別では 2,001-3,000 元と 3,001-5,000 元の層が、それぞれ 11.9%と 21.5%で併せて 33.4%を占めた。5,000 元以上は 27.6%になったが、一方で 1,000 元以下の割合は20.8%を占めている。

3. インターネット接続方法

携帯電話・スマートフォンからのインターネット利用比率は、2018 年末から 0.7 ポイント上昇して 99.3%に達した。テレビからの利用も 2018 年末から 0.9 ポイント上昇して 32.0%に上った。デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットからの利用はそれぞれ 42.7%、35.1%、29.0%で、とりわけデスクトップパソコンの使用比率が下がっている。

インターネットについて 1 人当たりの 1 週間の平均利用時間は 30.8 時間で、2018 年末より 3.2 時間増加している。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、インターネット利用時間が伸びていると考えられる。

4. 各種インターネットサービスの利用状況

2019 年以降、中国のインターネットサービスは発展を続けてきた。2020 年初めには新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の小中学校および高校や大学でも新学期の開始が延期され、オンライン学習に切り替わった。そのためオンライン教育サービスの利用者数は 2018 年末に比べて 110.2%の伸びとなった。

またライブコマースが好調に推移したことから、ライブ配信の利用者数が 41.1%の増加となり、これに伴ってオンライン決済の利用者数も 27.9%増加の 7.68 億人に増え、モバイル決済の利用者数も 31.1%増加した。

なお 2019 年 12 月時点のインターネットユーザーが利用するスマートフォンアプリの平均個数は、15-19 歳が最も多い 84 個で、続いて 20-29 歳が 65 個、60 歳以上では37 個となっている。2018 年末時点と比べて、10 歳以上の全ての年代でアプリの利用数が増加している。

「第 45 次中国互聯網絡発展状況統計報告」(中国語、全文)
http://www.cnnic.cn/hlwfzyj/hlwxzbg/hlwtjbg/202004/P020200428596599037028.pdf

クララオンラインコンサルティング事業部

クララオンラインコンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部