中国のインターネット教育市場と英語学習サービスの現状

1. インターネット教育市場は 4 年で 5 倍に

教育部など 3 部門は 2018 年 11 月、小中学生向けのインターネット教育サービスについて、一般の学習塾等と同等の管理政策を適用するとの通知を発表した。現時点では 子供向けサービスに限定されているものの、管理の対象になったということは、市場がある程度の規模まで発展したことを示す。

2015 年第 1 四半期(1-3 月)に 245 億元だった市場規模は、2018 年第 4 四半期(10-12 月)には 1142.6 億元とおよそ 5 倍に拡大している。

成長率は上下が激しいが、おおむね学年末や新学期と重なる第 2 四半期(4-6 月)と第 3 四半期(7-9 月)に大きく伸びる傾向がある。

当然ながらインターネット教育領域への投資も盛んになっており、2018 年第 4 四半 期だけで 81 件の投資が行われ、うち 35 件がスタートアップ投資だった。特に大型調 達に成功したケースでは、VIPKID が 6 月に D ラウンドで 5 億米ドル、作業幇が 10 月 に E ラウンドで同じく 5 億米ドル、一起作業が 3 月に E ラウンドで 2.5 億米ドルなどがある。

また 2018 年 10 月までに尚徳機構、精鋭教育、英語流利説の 3 社がニューヨーク市場に、21 世紀教育が香港市場にそれぞれ上場している。プレ IPO 企業としてさらに華 図教育、滬江網校、卓越教育、新東方在線が注目されている。

2. 利用者の中心は 20~30 代

中国の IT 調査機関、艾媒咨詢(iiMedia Research)によると、2018 年のインターネット 教育サービスの利用者の男女比は 59.2:40.8 と男性がやや多い。

年齢別では、15 歳以下の子供が 7.2%である一方、学生が中心とみられる 16~25 歳 が 26.7%、26~35 歳が 35.4%となっている。

スマートフォン向けアプリに限ってみると、アクティブユーザー数は小中学生向けの 教育アプリで 1.35 億人、外国語学習アプリで 3,862 万人に上る。

小中学生向け教育アプリには外国語、とりわけ英語の学習教材を含んでいるものも多 く、アプリを使った外国語の学習者数は相当数に上ると考えてよいだろう。

またインターネット教育の問題点と感じている点では、教師の所有資格について真偽 が確かめられないが最も多い 34.9%で、教師の経歴の誇張と過度な広告がそれぞれ 31.9%、29.5%と続く。現在までにインターネット教育サービスの教師の資質に関する 規定はなく、苦情が増えれば当局が何らかの対策をとることも十分考えらえる。

インターネット教育に毎月支払ってもよいと考える金額は、200 元以下が 21%にと どまった一方で、200 元以上を許容する回答が全体のおよそ 8 割を占めた。

インターネット教育サービスの中でも子供向け、とりわけ「K12」と呼ばれる幼稚園 の年長から高校 3 年生までの子供をターゲットにした英語学習サービスでは、いわゆる オンライン英会話レッスンのようなマンツーマン指導が最も好まれる。次いで 6 人までのグループレッスンが人気で、動画やアプリ等の教材での自習を好む人は 3 割程度にとどまる。

毎月サービスに支払っている金額は、200 元以下が 22.8%で、全体では 1000 元以下 が 97.1%を占めた。しかし予算の段階では 200 元以下を考えていたのはわずか 8.1%で、 1000 元以上を想定していた人が 7.3%にも上っている。

3. 様々な英語学習サービスの例

● 網易雲課堂 https://study.163.com

IT サービス大手の網易(NetEase)が運営するインターネット教育 サービス。WEB かアプリで受講する。

メインターゲットは社会人で、英語のほか、経営や企業管理、プ ログラミング等のオンライン授業が受けられる。視聴料金は動画 1 本ごとに無料から 500 元を超えるものまで様々。子供向け英語講座 もあり、絵本の読み聞かせ動画や入門英語の授業動画等 50 種類以 上が用意されている。

滬江網校 https://class.hujiang.com

2001 年にサービスを始めた老舗総合学習サービス。WEB かア プリで受講する。英語講座以外に、日本語など他の外国語や職業教 育の講座もある。

子供向け英語講座は 0 歳から大学入試まで対応しており、小学 1 年生向けの動画教材は 14 回で 476 元など 50 種類以上ある。中高 校生向けの家庭教師型レッスンは 320 回分で 63,680 元~。

艾媒咨詢によると、滬江網校の利用者の男女比は 22.95:77.05 と圧倒的に女性が多 い。年齢層は 24 歳以下が 63.67%を占め、次いで 25-30 歳が 18.53%となっている。

● 米楽英語 http://www.kktalkee.com

12K をターゲットにした英語学習サービスで、2012 年に杭州で スタートした。受講はアプリのみ。

教師は全員米国人で、米国英語が学べることが特徴。マンツーマ ンの専任制レッスンで、基本的にはレッスン時間も固定される。保護者がレッスンの様子をアプリで確認でき、レッスンを録画して復習に使うことも可能。 標準的な料金は年間で 2 万元ほど。

利用者の男女比は 60:40 でやや男性が多い。年齢層は 12 歳以下が 75%で、13 歳以上は 25%となっている。

● 51Talk http://www.51talk.com

12K 向けと大学生・大人向けのプランがあるマンツーマンオンラ イン英会話サービス。WEB かアプリで受講する。

2011 年にサービスを開始し、2016 年 6 月にニューヨーク市場に 上場。2018Q4 の決算報告書によれば、アクティブユーザー数は 21.39 万人。外国人教師は 2 万 1000 人以上所属しており、うちフィリピン人が 2 万人近くを占める。

サービス開始当初は 1 レッスン 25 分 15 元の安さを売りにしていたが、現在は 1 レ ッスン 30~80 元に大幅に値上がりしており、年間でおよそ 5000 元~1 万元かかるといわれる。

● DaDa https://www.dadaabc.com

2013 年にスタートしたサービスで、5 歳~16 歳の子供をメイン ターゲットにしたマンツーマンオンライン英会話サービス。WEB かアプリで受講する。2018 年 1 月に C ラウンドで 1 億米ドルの調達に成功した。会員数は 700 万人を超えるとされる。

現在は教師を欧米人に限定しており、富裕層をターゲットにしていることから授業料は比較的高い。1 年プランでは、レッスン 192 回、補講 30 回、絵本読み聞かせ 48 回、復習 12 回の合計186 回で 2.06 万元(1 レッス ン平均 111 元)。2 年プランでは 3.68 万元、3 年プランでは 5.36 万元。1 レッスンはお よそ 30 分。

番茄英語 http://zbk.baicizhan.com

サービス運営企業が自社で制作した動画を教材にした英語学習サービスで、アプリのみ。

生活の様々なシーンで必要な英会話を学ぶことを目的に、現地での実際の会話の様子がそのまま教材になっている。1 日 1 レッスンずつ進み、28 日間で 1 シリーズが完了する。料金は 1 シリーズ 299 元。オーストラリア、ニューヨーク、ロンドン、ハワイ、ロサンゼ ルス等のシリーズがあり、終了するごとにそのシリーズが見放題に なる。

VIPKID https://www.vipkid.com.cn

12K をターゲットにしたマンツーマンオンライン英会話サービ スで、2013 年にスタートした。2018 年 6 月に D ラウンドで 5 億米 ドルを調達した。

有料会員数は 50 万人以上で、中国だけでなく世界 63 カ国の子供が学ぶ。WEB かアプリで受講する。教師はカナダ人または米国人に限っており、保護者がレッスンの様子をアプリから確認することもできる。料金は年間で 2~3 万元が相場とされる。

クララオンラインコンサルティング事業部

クララオンラインコンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部。

セミナー

中国ビジネスのご相談はお気軽にお問い合わせください