第 39 回 中国インターネット発展状況統計 (抜粋・参考訳)

1. インターネット利用者数

2016 年 12 月末時点の中国のインターネット利用者数は 7.31 億人で、前年末に比べ 4,299 万人増加した。インターネット普及率は 53.2%で、前年末に比べて 2.9 ポイント上昇した。

またモバイルインターネット利用者数は 6.95 億人で、前年末から 7,550 万人増加し た。インターネット利用者全体に占める割合は、前年末の 90.1%から 95.1%に上昇し ている。

インターネット利用者を居住地別にみると農村住民の割合は 27.4%で、前年末より 526 万人増えて 2.01 億人となった。一方の都市部住民の割合は 72.6%で、前年末より 3,772 万人増えて 5.31 億人となっている。なお 2016 年 12 月末時点の農村部と都市部 のインターネット普及率は、それぞれ 33.1%と 69.1%となっている。

2. インターネット利用者の特徴

2016 年 12 月末時点のインターネット利用者の男女比率は 52.4:47.6 だった。2015 年末時点の全国の人口男女比は 51.2:48.8 で、インターネット利用者の男女比率とほ ぼ一致している傾向に変化はない。

インターネット利用者の年齢構成では、10-39 歳が全体の 73.7%を占めており、この うち 20-29 歳が最も多い 30.3%となっている。10-19 歳、30-39 歳の割合はそれぞれ 20.2%と 23.2%と前年末に比べていずれも減少した。一方で 10 歳以下の低年齢層と 40 歳以上の中高年層で利用者が増加している。

学歴別では、中学程度の利用者が依然として最も多く、中学と高校・高専・技術専門 学校の割合はそれぞれ 37.3%と 26.2%だった。前年末と比べて高校・高専・技術専門学 校は 3.0 ポイント減少したが、小学以下では 2.2 ポイント上昇している。

職業別では、学生が依然として最も多い 25.0%を占め、自由業者(個人事業者を含む) が 22.7%、会社員があわせて 14.2%と続いた。

月収別では、2,001-3,000 元と 3,001-5,000 元の層が、それぞれ 17.7%と 23.2%で最 も多かった。低収入の層にも利用者が広がっており1,000 元以下の層は前年末より 1.2 ポイント拡大している。

3. インターネット接続方法

2016 年は、携帯電話やテレビを使ったインターネット利用者が増加した。特に携帯電話からのインターネット利用者は前年末より 5.0 ポイント上昇して 95.1%に達した。 一方、デスクトップパソコンとノートパソコンからの利用はいずれも減少している。

インターネットを利用する場所は自宅が最も多いものの、前年末より 2.7 ポイント減少した。会社や学校はいずれも増加傾向にある。なお利用者 1 人当たりの 1 週間の平均 利用時間は 26.4 時間で、前年末より 0.1 時間減少している。

4. 各種インターネットサービスの利用状況

2016 年は E メールを除いて、いずれのサービスも利用者が増加した。特に出前注文と医療サービスの利用者はそれぞれ 83.7%と 28.0%の伸びとなった。モバイル向けに限ると出前注文と教育サービスが好調で、こちらはそれぞれ86.2%と 84.8%の大幅な伸びをみせた。

インスタントメッセージ、検索エンジン、ニュースといった基本的なインターネットサービスは成熟し、利用者数の伸びも安定している。一方で、ショッピングは市場の多様化が進み、出前注文は利用者のニーズに応じたサービスモデルの細分化が爆発的な成長につながったようだ。また決済サービスの利用はオフラインにも広がっており、店舗でのモバイル決済の利用率は 50.3%に達している。株取引やファンドはかつてほどの勢いはないものの、安定した成長となっている。

クララオンライン コンサルティング事業部

クララオンライン コンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部