寧徳時代のEVバッテリー交換ステーション「EVOGO」

EVOGOとは

新興EVバッテリーメーカーの寧徳時代(CATL)が、子会社の時代電服(CAES)を通じてEVバッテリー交換ステーション「EVOGO」の設置を進めている。

一般的なEVの場合、急速充電でもフル充電には約1時間、家庭用の普通充電器では出力によって10時間以上かかるが、EVOGOの場合、フル充電の専用バッテリーと交換するのにかかる時間はわずか1分だ。

EVOGOはサブスクリプション形式で提供され、1カ月の料金はバッテリー1ブロックにつき399元となっている。走行距離が多く交換回数が増えた場合は別途追加料金が発生する。1ブロックの航続距離は約200kmで、遠方への旅行など長距離を走る際には複数個のバッテリーを事前に搭載しておくこともできるという。

EVOGOの専用バッテリーは、形が板チョコに似ていることから「Choco SEB」と名付けられている。 現在販売されているEVでChoco SEBを採用しているモデルには、一汽集団の「奔騰 NAT」がある。CAESによると、Choco SEBは世界で市販されているEVの8割に適合し、将来3年に渡って発売される全モデルに適合する汎用性の高いバッテリーだという。

バッテリー交換の方法

EVOGOのステーションはシルバーのシンプルな外観の建物だ。駐車場3台分のスペースに設置できる大きさだという。完全自動化サービスとなっているため常駐のスタッフはいない。通常、一つのステーションには48個のバッテリーが用意されている。

ステーションに車両が近づくと、カメラでナンバーを識別する。会員情報とマッチングすると、入り口のバーが上がるので、車を所定の位置に停める。そのまま車内で待機している間に全自動でバッテリー交換が行われるので、完了したらそのまま前進してステーションから出るだけだ。

アプリでは、最寄りのステーションの営業状況、交換可能なバッテリーの残数が確認できるほか、事前にバッテリー交換を予約しておくこともできる。

厦門市がモデル都市に

CAESが拠点を置く福建省厦門市は、EVOGOのモデル都市と位置づけられている。

2022年4月に、最初の4カ所のEVOGOがオープンしている。2022年末までに市内に30カ所を計画しており、最終的には平均して3㎞ごとに1カ所のEVOGOを設置するという。

普及に向けた戦略は

2022年2月には、福建省高速能源公司と戦略的パートナーシップ忘備録にサインしており、両社で合資会社を設立して、福建省の高速道路にサービスエリアとバッテリー交換ステーションを建設、運営する計画を発表している。将来的にはバッテリー交換ステーションのネットワークを周辺の省にまで拡大する構想も伝えられている。

またパートナー開拓も始めており、パートナー契約を結んだ企業が100台以上のEVOGO対応EVを購入することを条件に、CAESの負担でEVOGOを新規設置し、バッテリー交換サービスを提供するという提案を行っているという。

普及の足かせはコストの高さ

中国各地ではEV充電設備の不足が深刻化しており、長期休暇には充電の順番を長い時間待つ「充電難民」が発生したとのニュースが報じられた。2021年のEV新車販売台数は、前年実績の2.6倍となる291万台に上ったが、新たに設置された充電設備はその2割分しかない59.7万基だった。

ならばEVOGOのようにバッテリーをまるごと交換する方が圧倒的に便利で、もっと普及してもよいように感じるが、バッテリー交換の最大のネックはステーションの建設・運営コストというよりも、EV側にかかるコストの高さだ。

一般的に自動車は緻密な設計が行われており、何百㎏もあるバッテリーが配置される床下に余分なスペースはない。しかし政府はバッテリー交換タイプのEVに厳しい耐久性基準を設けており、Choco SEBに対応する車両の場合、少なくとも8000回のバッテリー交換が可能な耐久性を備えていなければならない。

さらに開発段階で、少なくとも5000回のバッテリー交換試験の実施が義務付けられており、正常にバッテリー交換が完了できるだけでなく、車両の構造にゆるみや変形、き裂、脱落等が発生してはならないこととされている。この基準をクリアするために、一般のEVよりも余計なコストがかかるというわけだ。

Choco SEB は大半のEVに適合するバッテリーだというが、今後どれだけの自動車メーカーがChoco SEBを採用するかは未知数だ。EVOGOの普及は中国のEVバッテリー大手であるCATLの手腕にかかっている。

寧徳時代(CATL) 公式サイト https://www.catl.com(中国語、英語)

※本稿内の画像は全て同社公式サイトより引用

クララオンライン コンサルティング事業部

クララオンライン コンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部