ICP登録・ICPライセンス取得支援

中国国内でのWebサイト・Webサービスの展開に必要なICP登録・ICPライセンス取得を支援します。

中国進出20年以上

ICP登録・ICPライセンス取得で実績多数
中国でのサーバ・ドメインの手配も可能

クララオンラインはITインフラ事業で20年以上前に中国進出し、様々なお客様のICP登録・ICPライセンス取得支援実績を積み重ねてきました。お客様への丁寧なヒアリングから申請・登録手続きの代行、許可取得スキーム構築、必要に応じたサーバの手配まで、ITに強い弊社だからできる中国ICP登録・ICPライセンス取得支援を実施致します。

ICP登録/ライセンスを取得

クララオンラインはICP登録・ICPライセンス取得の両方に対応。ご相談から申請・登録手続き、その後のサポートまでワンストップで対応します。

プロの専門知識とサポート

ICP登録・ICPライセンスの専門知識を持つプロがお客様の状況を素早く判断。ご質問・ご相談にも丁寧にお応えし、最適なご提案を実施します。

登録あたり15万円から対応

ICP登録は最安150,000円(税別)から対応可能。事前にお見積りを提示しますので、ご納得の上いただけた方のみ、安心してお申し込みいただけます。

ICP(Internet Content Provider)について

中国においてインターネットを通じてユーザーに情報を提供するサービス活動に従事するものは全てICP(Internet Content Provider)とみなされ、関連法令に基づき管理される対象となります。ICPは中国語で「互联网信息服务提供者」と表記され、「インターネット情報サービスの提供者」という意味を持ち、中国国内でWebサイトを開設する際は避けては通れない概念になります。

ICP登録・ICPライセンスの必要性とは?

ICPの手続きには届出制(ICP登録)と許可制(ICPライセンス)との2つがあります。

ICP登録(届出制)」は、中国国内でWebサイトを公開する時に必ず必要になります。外資企業でも申請可能ですが、中国現地法人である必要があります。

ICPライセンス(許可制)」は、ICP登録に加えてECサイトやSaaSなど商用・課金が行われるWebサービスなど、有償での情報提供や営利的なインターネットサービスを提供する場合にはが必要になります。

ICP登録

ICP登録とは、中国国内のサーバから発信する
すべてのWebサイトに義務付けられている登録制度です。

  • 中国国内で公開される全てのWebサイト(CDN含む)で登録が必要
  • 届出制
  • 日本企業でも中国に現地法人があれば取得可能

ICPライセンス

ICPライセンスとは、ECなどの営利目的のサイトを
運営するための許可証です。

  • 中国国内の営利性のあるインターネットサービス全般で必要
  • 許可制
  • 外資系企業単体でICPライセンスを取ることはほぼ不可能(取得難易度が非常に高い)

共通点

  • 申請できるのは中国現地法人のみ。
  • コンテンツの内容(ゲーム・教育など)によっては、さらに複数の経営許可が必要になることがあります。
  • また、企業の所在地によって、公安局(警察)への届け出が義務付けられる場合があります。

※ICP登録(さらにコンテンツによりICPライセンス)の申請が完了しないままWebサイトを開設すると、閉鎖指示を受けることがあります。
※外資企業・合弁企業のICPライセンスの申請は、一部の業種を除き現状では認められていません。
※中国では複数の規制官庁がWebサイトを管理しており、サービス内容によっては他にも複数の許可を取る必要があります。

ICP登録/ライセンスが必要となるケース

ICP登録は基本的に中国国内で公開されるすべてのWebサイトが対象で、「無償で公開性・共有性を持った情報を提供する」ことを目的とした非営利的なインターネット情報サービスから必要となります。
ICPライセンスはそれに加え「有償で情報・商品またはサービスを提供する」ことを目的とした営利的なインターネット情報サービスから必要となります。さらに扱うコンテンツによって、個別の許可が必要なWebサイト・サービスが出てきます。

「ICP登録」+「ICPライセンス」+「個別の審査・許可等」が必要となるWebサイトの例

  • 新聞・出版分野

    ニュースサイト
    漫画サイト
    電子ブックサービス等

  • 教育分野

    通信教育
    義務教育に関わるサービス等

  • 動画配信

    動画配信サイト
    ライブチャットサービス等

  • ゲーム分野

    オンラインゲーム
    モバイルゲーム等

  • 医療分野

    遠隔診断等の医療サービス
    医薬品・医療器械販売サイト等

「ICP登録」+「ICPライセンス」が必要となるWebサイトの例

  • ECサイト

    店舗型ECサイト
    EC系プラットフォーム等

  • SaaS/ASPサービス

    会計サービス
    Webツール
    クラウドサービス等

  • モバイルコンテンツ(課金型)

    モバイルプラットフォーム
    アプリ等

「ICP登録」だけでよいWebサイトの例

  • 企業情報サイト

    コーポレートサイト
    会社概要
    IRサイト等

  • 製品情報サイト

    商品紹介サイト
    ブランドサイト等

  • 観光情報サイト

    地域情報サイト
    観光案内サイト等

  • キャンペーン

    キャンペーン紹介等

  • 自社ECサイト

    自社商品のみ販売するサイト
    ※近年緩和されICPライセンス不要に

※上記はあくまで参考例で、必ずしも正確な適用範囲を示すものではない場合がございます。
※実際の条件はWebサイトの機能や目的により異なる場合がございますので、詳しくはご相談ください。

クララオンラインによるICP取得支援の特徴

1 ICP登録・ICPライセンス取得への適切な判断

ICP登録・ICPライセンス取得について、どちらをどこまで行う必要があるか判断が難しい場合でも、ヒアリングを通じてお客様に必要な手続きを的確に判断し、最適な内容をご案内いたします。

2 専門知識を持つ中国弁護士のサポート

専門知識を持つ経験豊富な中国弁護士(律師)がお客様のICP登録・ICPライセンス取得をサポート。お客様の疑問・質問に丁寧にお答えしながら、法律的な観点でも間違いがないよう登録作業を実施します。

3 中国国内でのサーバ・ドメインの提供が可能

弊社が提供する中国国内のサーバサービスの提供や、AWS・Azure等の中国リージョン、Alibaba Cloud等パブリッククラウドの提供を通じて、必要に応じた中国国内のサーバ・ドメインをご用意できます。もともとIT企業として中国進出している強みを生かした弊社ならではのサービスです。

4 中国現地とのスムーズなやり取りをご支援

ICP登録やICPライセンスの取得では特に中国現地法人との連携や、中国内資企業とのパートナーシップ締結が必要となってきます。お客様自身で中国法人との調整が難しい場合でも、日中バイリンガルの弊社社員が対応可能。多数の実績と経験に基づくノウハウをもとに、中国現地とのやり取りも円滑に実施します。

5 書類作成から翻訳、申請までワンストップで対応

ICP登録・ICPライセンス取得に必要な書類の作成や翻訳業務、申請や公安局への届け出など、登録に必要な業務をワンストップで支援します。「そもそも何が必要かわからない」「状況把握から手伝ってほしい」といったご要望にもお応えできますので、安心してお任せいただけます。

6 関連法案や個別で必要な許可申請にも柔軟に対応

ICP登録へのご支援を実施する中でお客様の状況・目的によって中国サイバーセキュリティ法への対応や、個別での営業許可証の取得、関連主管部門の審査・同意が必要になる場合があります。そういった場合にも弊社であれば、柔軟に対応可能です。

こんな方におすすめです

  • 中国子会社のコーポレートサイトを中国人向けに作成したい
  • 日本への観光誘致サイトを中国で展開したい
  • 日本で配信中のゲームアプリを中国でも配信したい
  • 日本国内の特産品を販売する中国国内向けECサイトを作りたい
  • ICP登録・ICPライセンスの違いがよくわからない

料金・その他

料金■ICP登録 : 150,000円~
※詳細についてはお問い合わせください
■ICPライセンス : 要お見積り
※業種やサービス内容に応じてお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください
ご提供いただく書類■ICP登録
1.会社及びウェブサイト責任者の基本的状況
2.ウェブサイトのドメイン及びサービスの項目
3.サービスの項目が特別審査に該当する場合は、すでに取得した関連主管部門の同意文書

■ICPライセンス
1.会社の法定代表者が署名した付加価値電信業務を経営する旨の書面による申請
2.会社の企業法人営業許可証の副本及びその写し
3.会社概況(略)
4.会計士事務所による企業法人年度財務会計報告書等
5.会社定款等
6.業務発展、実施計画及び技術プラン
7.ユーザーに提供する長期サービス及び品質保証措置
8.情報の安全保障措置
9.会社の信用を証明する関連資料
10.会社の法定代表者が署名した承諾書

※必要な書類・お手続き等の詳細については、お申し込み後にご案内いたします。

その他・お客様のご要望をヒアリングした上で、チェックフローを確認しながらサービスに必要な申請内容を確認します。
・難易度の高いICPライセンス取得については、お客様へのヒアリング後、個別にご提案いたします。
・注意点 : ICP登録では、サイト責任者がデータセンターへ赴き、顔写真の撮影をしていただく必要があります。
・非経営性のWebサイトでも、内容によってはICP登録以外に別途許可の取得が必要な場合があります。懸念事項がある場合には事前にお伝えください。

※上記金額に、別途消費税等相当額を加算させていただきます。

【補足】ICP登録・ICPライセンスの呼称について

他社さまの事例として別名で呼ばれることがありますが、弊社では中国原文からの翻訳に基づき「ICP登録」「ICPライセンス」という呼称で統一しています。

ICP登録ICPライセンス
<別名・呼称>
・非商用ICPライセンス
・非営利性ICPライセンス
・非経営性ICPライセンス
・ICPサイト登録
<別名・呼称>
・商用ICPライセンス
・営利性ICPライセンス
・経営性ICPライセンス

ICP登録・ICPライセンスに関するFAQ

A. ICP登録に関しては、基本的に中国現地企業があれば内資外資問わず登録可能です。ICPライセンスに関しては、外資企業・合弁企業のICPライセンスの申請は一部の業種を除き現状では認められていません。

A. 可能です。クララオンラインではICP登録・ICPライセンス取得はもちろん、中国(CN)ドメイン、中国国内サーバのご提供や、必要なお手続き・契約をまとめてご提供することが可能です。
お支払につきましても、日本円・中国元どちらでも対応可能ですのでお気軽にご相談ください。

A. クララオンラインで提供する「Clara Cloud CN-LGプラン」のほか、Alibaba CloudおよびAWS・Azureといった各パブリッククラウドの中国リージョンのご提供が可能です。詳しくはお問合せください。

A. 日本サイトのドメインが日本のレジストラで取得したものであれば、そのままで使うことはできません。
中国国内でWebサイトを公開する場合、ICP登録を行うことが義務付けられています。ICP登録を行う場合、登録用のドメインが中国のレジストラで取得したドメインである必要があります。日本サイトのドメインが日本のレジストラで取得したものであれば、そのままの使用することができず、改めて取得し直す必要があります。

A. 中国国内でのECサイト開設には、ICP登録に加えて原則ICPライセンスの取得が必要です。
中国現地法人がないなどの理由でICP登録・ICPライセンスの取得が難しい場合は、弊社サービスである「極速中国」のご利用をご検討ください。
ICP登録・ICPライセンス取得不要で、日中間通信の改善により日本国内にサーバを置いたままで中国国内向けにシームレスなWeb環境の構築が可能となります。越境EC、中国拠点でのグループウェア利用、中国ユーザー向けアプリケーション等で利用が可能です。お気軽にご相談ください。

A. 中国はコンテンツサービスに対する規制が厳しく、複数の許可が求められるケースがあります。
事前にお客様の要望をヒアリングした上で、最適なご提案をさせていただきます。

A. 香港・マカオは中華人民共和国の「特別行政区」 として、高度な自治が認められており、『インターネット情報サービス管理弁法』を含む多くの中国法規制の適用範囲外になります。そのため、ICP登録の申告は不要です。
また、香港から中国大陸へのインターネットアクセスが比較的にスムーズであり、現地法人がないなどの理由でICP登録が難しい場合、香港を中継地として選択されるケースがあり、クララオンラインでもそういった支援実績がございます。ただし、香港・マカオは中国の一部であり、将来的に中国当局の統治下に入る可能性は否定できないため、留意する必要はあります。

A. 中国でオンラインゲームを配信する場合、複数の経営許可を取得する必要があります。しかし、これらの経営許可は事実上外国企業に開放されていないため、外国企業が運営主体のまま配信することは非常にハードルが高いです。
そのため、多くの日本企業は代わりに経営許可を有する中国企業パートナーに配信を依頼することが現実的です。この場合、当該ゲームの配信許可を得るために、当該ゲームの中国におけるソフトウェア著作権を中国パートナー企業へ移転する場合が多いです。クララオンラインではこういったライセンス周りのご支援やパートナー企業の選定などの実績もございますので、ぜひご相談ください。

A. 中国現地法人がない場合、ICP登録及びICPライセンスの取得はできません。中国国内企業をフロントとして申請するか、中国現地企業との合併することで申請が可能になります。

A. 中国現地法人がないなどの理由でICP登録・ICPライセンスの取得が難しい場合は、弊社サービスである「極速中国」のご利用をご検討ください。
ICP登録・ICPライセンス取得不要で、日中間通信の改善により日本国内にサーバを置いたままで中国国内向けにシームレスなWeb環境の構築が可能となります。越境EC、中国拠点でのグループウェア利用、中国ユーザー向けアプリケーション等で利用が可能です。お気軽にご相談ください。

A. 中国向けECサービスには複数の形態が考えられます。
■越境EC:日本側にサイトを置いたまま、注文が入る度にEMSなどで送付するサービスです。この場合は中国法に適用されないため、特に経営ライセンスは必要としません。
■自社ECサービス:自社商品のみ販売する場合なら、ICP登録のみ必要です。
■ECモール:ECプラットフォームサービスを運用される場合、商用のICPライセンスが必要です。

A. ICP登録はWebサイトを開設するための登録制度です。Webサイト単位で登録を行います。
ICPライセンスは、企業がインターネットを通じて経営性(営利性)の目的のコンテンツの配信を行う際に必要となる経営許可証です。

A. ICP登録(さらにコンテンツによりICPライセンス)の申請が完了しないまま中国国内でWebサイトを開設すると、閉鎖指示を受けることがあります。
また、場合によっては処罰を受けることもあります。

A. 中国国内で営利性のインターネットサービスを展開しているにも関わらずICPライセンスを取得していない場合、インターネットサービスの停止命令だけに留まらず、所得の没収あるいは所得に対して3~5倍の罰金が科される可能性があります。

A. ICP登録の取得支援は15万円~です。ICPライセンスの取得支援につきましては、ライセンスを取得する法人格の状況によって費用が変動するため、別途お見積りとなります。

A. ICP登録取得の流れは (1)ヒアリング⇒ (2)弊社からの提案⇒ (3)お申し込み⇒ (4)必要書類等の用意⇒ (5)ICP登録申請⇒ (6)ICP登録完了 となります。
ICPライセンスの取得につきましては、お客様の状況をヒアリングした上で個別にご提案いたします。

A. ICP登録を申請するために Web サイトが稼働している必要はありませんが、申請を提出する前に、ホスティングサーバとドメインを用意する必要があります。詳しくはご相談ください。

※その他ご不明点ございましたら、お気軽にご相談ください。

ご支援開始までの流れ

01.お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

02.ヒアリング

メールまたは、打ち合わせのお時間を頂き、要件や詳細についてお伺いします。

03.ご提案

ICP登録・ICPライセンス取得にかかる費用やスケジュールについてご案内します。

04.お申し込み

ICP登録・ICPライセンス取得のお申し込みを頂きます。

05.ご支援開始

必要な資料のご案内、取得・登録までのロードマップを提示の上、ご支援を開始します。

課題の整理からお手伝いします

オンラインでの無料相談

中国事業や中国の法規制に関するお悩みやお困りごと、解決したい課題についてオンラインでの無料相談を承っております。課題の整理からお手伝い可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください。
(※弊社に対するセールス・営業目的でのご利用は固くお断りします)