終了 開催日:2021/10/20(水) 15:00〜16:00(日本時間) 会場:オンラインセミナー

中国サイバーセキュリティ法が2017年に施行されて4年が経過しました。本セミナーでは、中国サイバーセキュリティ法の中でも特に日本企業様に関係がある「データ越境移転」にフォーカスをあて、ビジネスにもたらす影響から、データ越境移転時に留意すべきポイントについて説明いたします。

本セミナーは特に、現地に製造工場や販売会社を持って基幹系システムを日常的に運用しているメーカー様や、ユーザー情報・取引情報を国を超えて管理・遣り取りしている企業様、取引先が重要インフラ運営者でインターネットで遠隔監視の機能を提供するシステムを運営する企業様などは必見の内容です。

中国サイバーセキュリティ法の目的や原則などから、データ越境移転時のルールなどのポイント、負うべき責任などについて細かく解説し、中国の弁護士資格を保有するリーガルコンサルタントが日系企業が知っておくべき法律の概要と対策方法をお話しいたします。

セミナー概要

開催日:2021/10/20(水) 15:00〜16:00(日本時間)
開催地:オンライン
参加費:無料(事前登録制)
定 員:30名

※途中入場OK
※個人の方、競合他社/同業者からのお申込みなど、当社の判断によりウェビナー参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。
※内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

セミナースケジュール

時間 タイトル 講演者
14:45〜15:00 開場(Zoomに入室頂けます)
15:00〜15:05 会社説明
15:05〜15:35 中国サイバーセキュリティ法・データ越境移転時に日系企業が注意するべきポイント 劉 新亜 / Liu Xinya
(株式会社クララオンライン)
15:35〜16:00 質疑応答 劉 新亜 / Liu Xinya
(株式会社クララオンライン)

講演者情報

劉 新亜 / Liu Xinya
コンサルティング事業部 中国律師(弁護士)リーガルコンサルタント
遼寧大学外国語学部卒業、西南政法大学国際法研究科修了。
中国大手不動産会社のインハウス弁護士及びTMI総合法律律事務所北京オフィスの中国法コンサルタントを経て、クララオンラインに入社。主に日系企業の中国進出、及び中国事業の展開におけるリーガルコンサルティングを提供している。

中国ビジネスのご相談はお気軽にお問い合わせください