中国サイバーセキュリティ法とは

2017年6月に施行された中国サイバーセキュリティ法。セキュリティ保護義務や個人情報の収集・生成・利用、データの越境移転などについて定めたサイバー空間の安全性に関する基本法です。IT事業者に限らず、メーカーや小売事業者まで、中国と関係するビジネスを行うあらゆる業種・業態の企業が適用対象となります。

中国サイバーセキュリティ法について法律の詳細や罰則事例については下記ページをご確認ください。
中国サイバーセキュリティ法の内容と罰則について

クララオンラインでは、中国サイバーセキュリティ法に関する様々なサービスをご提供しております。

サービス一覧


中国サイバーセキュリティ法 無料Web診断

中国サイバーセキュリティ法に対するリスクを無料でアセスメントできる業界初のオンラインWeb診断サービスです。クララオンラインではこれまでに100社を超える企業に中国サイバーセキュリティ法のアセスメントを実施してきました。その豊富な実績とノウハウを活用して開発した独自の診断システムです。設問は全て中国の弁護士資格を保有する中国リーガルコンサルタントが監修しており、初回無料で診断結果の解説もいたします。

<Web診断結果例>

中国サイバーセキュリティ法 Web診断の特長

リスクと成熟度を一目で把握

複数の設問に回答するだけで、中国サイバーセキュリティ法に対するリスクと対応の成熟度診断ができます。

中国弁護士が完全監修

中国の弁護士資格を保有するリーガルコンサルタントが最新の中国法令に照らして完全監修しています。

豊富な支援実績を活かして開発

100件以上の中国サイバーセキュリティ法に対する支援実績と蓄積したノウハウが詰め込まれています。

中国サイバーセキュリティ法 Web診断ご利用までの流れ

01

お申し込み

必要事項を入力の上、お申し込みください。

02

診断用のURLが届く

ご登録頂いたメールアドレスに、Web診断用のURLが届きます。

03

Web診断を行う

順番に設問にお答えください。完了までにかかる時間は約15分です。

04

診断結果が出る

設問に全てお答えいただくと現在のリスクや対策状況などが表示されます。

05

フィードバック

初回無料でリーガルコンサルタントが解説いたします。

無料Web診断を行う

中国サイバーセキュリティ法 コンサルティング

中国サイバーセキュリティ法の適応診断から対策とまで自社の状況に合わせて実行できるコンサルティングサービスです。
本サービスでは、お客様の顧客管理といった情報管理体制に加えて、お客様が企画または運用するプロダクトやサービスにまでアセスメントを行い、固有リスクに対する必要な対応や長期的な方針まで一括してご提案いたします。

ご提案に際しては、中国弁護士資格を保有するリーガルコンサルタントチームが対応いたします。

中国サイバーセキュリティ法コンサルティングの特長

中国法規制の
プロフェッショナル

日中双方の実務経験および中国弁護士資格を保有するリーガルコンサルタントが多数在籍しています。

IT・IoT・通信に関する
豊富な知見

IT・IoT・通信の知見を有するリーガルコンサルタントが法令と実務の両面からサポートします。

中国実務経験に基づく
アドバイザリー

法律的な解釈や説明だけに留まらず、実務レベルで次のアクションを明示したご提案が可能です。

中国サイバーセキュリティ法コンサルティングご利用の流れ

01

お問い合わせ

下記、お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

02

ヒアリング

リーガルコンサルタントによるヒアリングを行います。

03

ご提案

目的に応じた調査プランと詳細なお見積りをご提示します。

04

お申し込み

調査内容やお見積りをご確認頂いた後、お申込み頂きます。

05

アセスメント開始

要件に合わせたアセスメントを行います。

06

レポート納品

アセスメント結果を解説したレポートを納品いたします。

お問い合わせ

中国サイバーセキュリティクラウド

中国サイバーセキュリティクラウドは、中国サイバーセキュリティ法へのリスクを最小化し、中国拠点のセキュリティ体制を向上維持させることができるサービスです。

刻々と変化する中国市場では、中国拠点に講じた対策が着実に現場で運用されているかの定点評価が重要です。また、勘や経験に頼るセキュリティマネジメントではなく、確かなデータによるセキュリティ診断が必要です。中国弁護士資格を保有するリーガルコンサルタントが監修した中国サイバーセキュリティクラウドなら、中国拠点の中国サイバーセキュリティ法対策の状態を定量化・可視化することができます。

リスクの可視化

自社の抱える中国サイバーセキュリティ法のリスクをサーベイによって可視化し、定量的に測定。改善・対策が必要なセグメントを明確にします。

管理リソースの大幅削減

現場へのヒアリング・集計などにかかるコストやリソースを抑え、効率化することにより、定期的な対策を可能にします。

中国現地の調査が容易

当局の調査対象やインシデントが実際に発生するのは現場です。体制・対策が正しく運用されているのか、オンライン上で現場レベルのリスク測定が完結できます。

必要な施策がすぐに分かる

法令が定める期待度と自社の成熟度を項目ごとに比較することができ、課題と対策が必要な項目だけに絞った改善ができます。

中国サイバーセキュリティクラウド導入の流れ

お問い合わせ~ご利用開始まで

01

お問い合わせ

下記、お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

02

ヒアリング
サービス説明

リーガルコンサルタントによるヒアリングを行います。

03

お申し込み

調査内容やお見積をご確認頂いた後、お申込み頂きます。

04

ご利用方法の説明

サイバーセキュリティクラウドのご利用方法についてご説明致します。

05

ご利用開始

ご利用開始に伴い、リスク・成熟度診断の実施へ移ります。

サイバーセキュリティクラウド導入後の流れ

01

リスクの洗い出し・特定

企業が抱えるサイバーセキュリティ領域のリスクは業種・業態に応じて異なります。まずは担当者様へのヒアリングを実施し、各企業様固有のリスクを洗い出し、サーベイ内容をカスタマイズします。法令の改正や企業様の体制変更に合わせてサーベイ内容もアップデートし、常に最新情報でのリスク診断を提供します。

02

リスクと対応成熟度の診断

従業員の皆様に、企業様専用にカスタマイズされた約15分のオンラインサーベイに回答いただくことにより、自社の抱えるリスクとその対策の成熟度を診断します。グラフ等により可視化・数値化された各項目のサーベイ結果から、具体的なリスクと、リスクを保有する部署が明確になります。

03

改善案の策定

中国サイバーセキュリティ法に定める期待度との比較によって、常に現状とゴールまでのプロセスに対してモノサシをもって改善が可能になります。自社の状況に合った改善項目と優先順位付け、改善実施に向けたロードマップを作成します。

04

改善実施・体制構築

専任のコンサルタントと中国弁護士資格を保有するリーガルコンサルタントが社内規定、越境移転プロセスの評価シート、運用マニュアルなどの策定を行い、必要に応じて各部署へのセミナーや研修を実施します。

お問い合わせ

中国ビジネスのご相談はお気軽にお問い合わせください