中国ビジネスレポート

取得が広がるセキュリティ等級認定

サイバーセキュリティ法の施行後、ITサービスの分野でセキュリティ等級の認定取得が広がっている。
国家基準や関連法令を元に、認定の概要をまとめたレポート。

発行
2017年7月
ページ数
8

コンテンツ内容

  • サイバーセキュリティ法の影響か :サイバーセキュリティ法の施行により、IT システムに関するセキュリティ等級の認定が行われている。情報セキュリティの強化を目的に、当局が認定取得を呼び掛けている。
  • 情報システムのセキュリティ等級とは :セキュリティ等級は、損害を受ける対象と損害の程度によって決まる。等級保護制度のガイドラインを参考に公安に届出登録を行い、認定されると証明書が発行される仕組みとなっている。
  • 必要なセキュリティ保護とは :セキュリティ等級保護に関する法令では、システムの等級に応じたセキュリティ保護対策を要求している。産業や地方によってもガイドラインが定められていることがあり、セキュリティ設計にも標準規格が設けられている。
  • クラウドにも対応した“セキュリティ等級保護2.0” :セキュリティ等級保護は、クラウドサービスを対象に含めた拡張規格の検討が進んでいる。サイバーセキュリティ法との調整が終わり次第、正式発表されるとみられる。
ダウンロードする(1.5MB) ダウンロードする (1.5MB)

まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

上記サービスにない内容でもお気軽に
お問合せください。

サポート

Support

中国でのビジネス展開をサポート致します。