中国ビジネスレポート

外資系ホテルがチベットを国扱いし謝罪トラブルに

米ホテル大手のマリオット・インターナショナルが、中国の会員向けアンケートでチベットや台湾などを国として扱ったとして謝罪に追い込まれた。本レポートではその経緯を整理し、日本企業がするべき対応にも言及した。

発行
2018年1月
ページ数
2

コンテンツ内容

  • 微博ユーザーの投稿で炎上、サイトは一時閉鎖に
  • 外資系企業への規制が強まる恐れも
ダウンロードする(1.5MB) ダウンロードする (1.5MB)

まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

上記サービスにない内容でもお気軽に
お問合せください。

サポート

Support

中国でのビジネス展開をサポート致します。