中国ビジネスレポート

個人情報の越境移転セキュリティ評価弁法(意見募集稿)

サイバーセキュリティ法で大きな懸念となっていた個人情報の越境移転に関して、セキュリティ評価に関する法令案が示された。本レポートでは、意見募集稿の内容を一部抜粋、編集して紹介している。

個人情報の越境移転セキュリティ評価弁法(意見募集稿)
発行
2019年10月
ページ数
2

コンテンツ内容

  • セキュリティ評価の実施義務 :サイバーセキュリティ法で定められたデータの越境移転について、中国国内の事業運営で収集した個人情報の海外移転にセキュリティ評価を行うよう義務づけている。
  • セキュリティ評価の内容 :セキュリティ評価の申請には、越境移転に関するセキュリティリスクの分析書類が必要となり、事業者が過去に重大なデータ漏洩を起こしていないかどうかも審査の対象となる。
  • ネットワーク運営者の義務 :越境移転の記録の保存義務に加え、越境移転の実施状況に関する報告を毎年行うことが義務付けられている。越境移転先の海外企業との契約書で明確に記載が必要となる項目も明らかにされた。
  • 海外機構の取り扱い :海外に拠点を置く企業であっても、インターネットなどを通じて中国国内のユーザーの個人情報を収集している場合は、サイバーセキュリティ法などで定められた責任と義務を負うことを定めている。
ダウンロードする(1.5MB) ダウンロードする (1.5MB)

まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

上記サービスにない内容でもお気軽に
お問合せください。

サポート

Support

中国でのビジネス展開をサポート致します。