スマート化する自動車はどれだけの個人情報を収集しているか

このほど、世界の上位15社の自動車メーカーを対象に、メーカー間のデータ共有方針を調査したレポートが発表された。この調査では、どのメーカーが最も多くのデータを収集しているかを確認するために、ドライバーを対に関して収集されたデータを重点に28項目を評価した。最もユーザーのデータ収集を行っていたのは米テスラだった。

テスラは市場で最もスマートでコネクティッドな車を展開しているが、車がパーソナライズされたサービスを提供するほど、車はより多くのユーザーデータを必要とする。テスラは調査対象の15社の中でトップとなる28点満点中20点を獲得した。

テスラに次ぐ2位はアウディで19点、3位はBMWとMINIでいずれも16点だった。4位のポルシェは14点だったが、ポルシェは調査対象となった15社のうち最も幅広い個人情報を収集していた。5位はフォルクスワーゲンで12点、フォードは14位で7点にとどまった。一方、最も個人情報を収集していないのはルノーグループ傘下のダチアで5点だった。

自動車メーカーが最も収集しているデータは、氏名、電話番号、住所といった個人情報で、これらデータの多くは、通勤や帰宅時のルート選択、渋滞回避のためにナビシステムに保存されている。メーカーによっては位置情報を保存しているケースもあった。

最も幅広い個人情報を収集していたポルシェは、メールアドレス、電話番号、住所、位置情報の履歴、現在地、連絡先、カレンダー、携帯電話の位置情報といったデータを収集しており、15社中で唯一、28項目すべてを収集していた。

個人情報に加えて、運転特性に関するデータを収集するメーカーも多い。中でもテスラは、ブレーキや加速度、衝突、エアバックの状態、充電履歴など、最も多くのデータを収集しているが、フォードは速度、ブレーキ、加速度のデータしか収集していなかった。


原文:https://www.chinaz.com/2021/1102/1323508.shtml 、翻訳・加筆編集クララオンライン

クララオンライン コンサルティング事業部

クララオンライン コンサルティング事業部

中国ビジネスをワンストップでご支援するクララオンラインコンサルティング事業部