各種ライセンス支援

中国ビジネスの立ち上げ、事業拡大に必要な各種許認可の申請を、経験豊富なリーガルコンサルタントがワンストップでご支援します。

クララオンラインは、クライアント個別のニーズにご対応するため、
事前調査から、ビジネス立ち上げのための各種ご支援、参入スキームの組み立てなど総合的なサービスを行っております。

ICP登録代行サービス

中国国内で開設するすべてのWebサイトは事前申請手続き(ICP登録)が必要です。
ICP登録・ICPライセンス取得のご相談から、手続き実務・代行まで、
クララオンラインは中国向けWebサービスに必要なあらゆる問題を解決します。

ICP登録・ICPライセンスとは

コンテンツの内容(ゲーム・教育など)によっては、複数の経営許可が必要になることがあります。
また、企業の所在地によって、公安局(警察)への届け出が義務付けられる場合があります。

ICP登録

ICP登録

ICP登録とは、中国国内のサーバから発信する
すべてのWebサイトに義務付けられている登録制度です。

ICPライセンス

ICPライセンス

ICPライセンスとは、ECなどの経営性目的のサイトを
運営するための許可証です。

※ICP登録(さらにコンテンツによりICPライセンス)の申請が完了しないままWebサイトを開設すると、閉鎖指示を受けることがあります。
※外資企業・合弁企業のICPライセンスの申請は、一部の業種を除き現状では認められていません。

ICPの許可範囲

ICPライセンスには許可制(ICPライセンス)と届出制(ICP登録)の2つがあります。
中国では複数の規制官庁がWebサイトを管理しており、サービス内容によっては他にも複数の許可を取る必要があります。

ICP登録

  • コーポレート
    サイト
  • 製品情報
  • 観光情報

※ICP登録とICPライセンスは
全く異なる手続きです

ICPライセンス

  • EC
    サイト
  • ニュース
    サイト
  • モバイル
    コンテンツ

個別の営業許可証

  • 動画
  • 通信教育
  • ゲーム

※ICP登録とICPライセンスは
全く異なる手続きです

ICP登録の流れ

お客様のご要望をヒアリングした上で、チェックフローを確認しながらサービスに必要な申請内容を確認します。
難易度の高いICPライセンス取得については、お客様へのヒアリング後、個別にご提案いたします。

STEP 1

お客様

ヒアリングシートに沿い、
事前ヒアリングを実施

STEP 2

お客様Advance Into China

・必要材料・情報案内
・写真撮影日程調整
・提出材料チェック
・写真撮影アテンド
・申請書類作成

STEP 3

Advance Into China

ICP登録申請

STEP 4

Advance Into China

ICP登録許可

※注意点 : ICP登録では、サイト責任者がデータセンターへ赴き、顔写真の撮影をしていただく必要があります。
非経営性のWebサイトでも、内容によってはICP登録以外に別途許可の取得が必要な場合があります。懸念事項がある場合には事前にお伝えください。
ICPライセンスの申請の流れは申請内容ごとに異なるため個別にご案内いたします。

料金体系

料金体系

ICP登録取得支援

150,000円(税抜)~

ICPライセンスの取得支援につきましては、ライセンスを取得する法人格の状況によって費用が変動いたします。
まずはご相談ください。

よくあるご質問

中国法人が無くても、ICP登録・ICPライセンスは取れますか?
中国法人がない場合、ICP登録及びICPライセンスの取得はできません。
しかし、クララオンラインのソリューションであれば、中国法人がなくともサービスを展開することが可能です。
お客様の要望をヒアリングした上で、最適なご提案をさせていただきます。
外資企業はICP登録・ICPライセンスを取得できる?
基本的に中国現地企業があれば、内資外資問わずICP登録の取得は可能です。
また、外資企業・合弁企業のICPライセンスの申請は、一部の業種を除き現状では認められていません。
ICP登録・ICPライセンスの取得費用は?
ICP登録の取得支援は15万円~、ICPライセンスの取得支援につきましては、ライセンスを取得する法人格の状況によって費用が変動いたします。
ICPからサーバまで、まとめて日本で契約したい!
ICP登録・ICPライセンス、CNドメイン、サーバ等の必要な手続きや契約をまとめてご提供いたします。お支払につきましては、日本円でも中国元でもご対応可能です。
中国向けコンテンツサービスを展開したい!
中国はコンテンツサービスに対する規制が厳しく、複数の許可が求められるケースがございます。事前にお客様の要望をヒアリングした上で、最適なご提案をさせていただきます
ICP登録をしないとどうなるの?
ICP登録(さらにコンテンツによりICPライセンス)の申請が完了しないままWebサイトを開設すると、閉鎖指示を受けることがあります。また、場合によっては処罰を受けることもあります。
ICP登録とICPライセンスの違いって?
ICP登録はWebサイトを開設するための登録制度です。Webサイト単位で登録を行います。ICPライセンスは、企業がインターネットを通じて経営性の目的のコンテンツの配信を行う際に必要となる経営許可証です。詳細はこちらへ

まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

上記サービスにない内容でもお気軽に
お問合せください。

中国商標登録代行サービス

知的財産の侵害や模倣被害を未然に防ぐためにあらかじめ中国での商標権取得を済ませておくことをお勧めします。
煩雑な出願手続きの代行だけではなく、商標の調査やご提案などリーズナブルな料金体系でご提供致します。

サービスの特徴

  • 面倒な手続きは不要
    申請書類から登記簿謄本の翻訳まで、商標出願手続きを弊社が全て代行します。
  • 低コストで出願可能
    1分類あたり、総額9万円のリーズナブルな料金体系でご提供します。
  • 初期調査の実施
    登録をご希望される商標の初期調査を実施し、登録可能性のある分類を全てご提案します。

サービス内容

初めてのお客様でも安心してご依頼いただけるよう明瞭かつリーズナブルな料金体系で
中国商標登録代行サービスを提供しています。

中国出願費用
(1商標1分類10区分まで)
総額 90,000円
お支払方法
  • 出願時60,000円(入金確認後の出願手続きとなります。初期調査・公費を含みます)、登録時に30,000円(審査後、受理通知受取時点)を分割してご請求いたします。
  • 初期の調査を実施後、出願されない場合には、1商標1分類あたり10,000円の調査費をご請求させていただきます。
複数割引 同一商標5分類以上の出願の場合には総額の10%を割り引いてご提供します。
ご提供頂く書類
  • 商標(ロゴ等の場合には画像データ)
  • 申請情報
  • 登記簿謄本(現在事項全部証明書)
  • 委任状
翻訳 登記簿謄本の翻訳は費用に含みます。
(但し、4ページ以上の翻訳の場合、1ページあたり10,000円の翻訳費用が別途発生します。)

※表示価格はすべて税抜き価格です。

よくあるご質問

中国に法人が無くても申請可能?
日本法人として出願可能です。ただし、出願時には中国語(簡体字)の社名を用いる必要があるため、特に定められていない場合には適切な中国語での案についてご相談ください。
国際登録出願(マドプロ)での申請は可能?
可能です。マドプロで中国を指定して申請する場合の金額は別途御見積いたします。
権利期間は?
商標の登録日から10年です。存続期間満了前6ヶ月以内に更新手続きを行うことにより、さらに10年の更新が可能です(更新期間は満了日より起算されます)。
出願日の基準は?
中国では、商標局が出願書類を受領した日が出願日とされます。
審査期間は?
法令により、出願から9ヶ月以内と定められています(許可または拒絶の通知)。
拒絶される場合、主な理由は?
先願商標との類似、禁用商標(国名、国旗、公序良俗に反するもの、品質誤認等)、地名(中国、外国を問わず)、普通名称等識別力がないもの等が主な拒絶理由として挙げられます。
登録要件を満たされない場合は?
説明または補正が要求され、15日以内に意見書及び補正書の提出が必要です。拒絶理由が解消されない場合、拒絶査定されます。
拒絶査定された場合の対応は?
拒絶査定に対する不服審判請求を行います。(別途御見積いたします)なお、拒絶査定された場合には登録料金は発生しませんが、出願料金はご返金いたしません。
出願時の商標について考慮する点は?
日本における標準文字に相当する制度は存在していません。標準フォントで登録した場合、ロゴを作成した時点で再出願することの検討をおすすめいたします。
立体商標、音声商標への対応は?
別途御見積いたします。
パリ条約に基づく優先権主張の申し立ては可能?
可能です。優先権証明書の作成、及び公費については別途御見積いたします。
香港、台湾、マカオは含まれる?
含まれません。香港、台湾、マカオ地区への出願登録は個別に行う必要があります(当社でも御見積いたします)。
登録後の未使用状態は?
登録商標を継続して3年間使用していない場合、登録商標の取り消しが命じられることがあります。

まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

上記サービスにない内容でもお気軽に
お問合せください。

ブランディングプロテクション

中国でのブランド・権利をプロテクト

インターネット上のブランド・商標管理は、今や企業の価値・ブランド構築の基盤となる重要な知的財産として認識されています。企業のブランディングはインターネット上の情報により大きく左右され、ひいては企業価値そのものが影響される時代となり、オンライン上のブランディング対策は欠かせません。

グローバルなビジネス展開を行う企業だけでなく、将来の展開可能性がある企業にとっても、オンラインブランドマネジメントへの取り組みは必須です。クララオンラインは中国・台湾・シンガポールなどアジア各国でのオンラインブランドマネジメントをご提供します。

主なソリューションには、ブランドマネジメント全般の戦略策定支援・助言、アジア各国での商標出願、中国でのソフトウェア著作権登録、ドメイン名のサイバースクワッティング(Cyber-Squatting)への対処などがあります。モバイルゲーム等の中国でのソフトウェア著作権登録や、関連する商標の出願なども全て日本語でご対応しています。
このほか、アジア各国でのドメインのプロテクトサービスの提供や、他社が転売目的で取得しているドメインの譲受交渉なども実績があります。

エージェントサービス

クララオンラインがコンサルティング事業を通して培ってきたノウハウを活かし、アニメ・ドラマコンテンツや、アプリサービス・ゲームにおける海外版権のエージェントとして、クライアント企業のスムーズな海外進出をサポートします。

アニメ・ドラマコンテンツ

中国などアジア各地のアニメ・ドラマコンテンツについて、日本向け(Out-In)・アジア各国向け(Out-Out)のライセンス窓口・エージェント業務を行っています。日本などの動画サイトでの配信や、各国での知的財産権の管理及び海賊版対策など、権利者がスムースに国外でコンテンツ配信を行うために必要な機能をワンストップでご提供しています。

ゲーム・アプリコンテンツ

モバイルゲームのライセンスエージェントとして、アジアへのライセンスアウト、日本へのライセンスインをご支援しています。ライセンスアウト先のサーチから、交渉・契約支援・ローカライズ・カルチャライズを含めたリリースまでをサポート。中国語タイトルのテストプレイ・レポーティングもご支援します。

まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

上記サービスにない内容でもお気軽に
お問合せください。

サポート

Support

中国でのビジネス展開をサポート致します。